葬儀の内容を決めるためにやるべき事

葬儀を執り行うには、喪主、形式、規模、式場、日時などを決めなくてはなりません。身内が亡くなった上に短い時間内でこうした事を決めなくてはならないのは大変ですが、遺族が協力してやるべき事です。具体的な葬儀の内容については、故人や親族の意見を尊重しながら式場や寺院などを相談して決めていきます。具体的な葬儀のプランの内容については、見積もりをもらって詳細をチェックしなくてはなりません。プランの内容を詳しく確認せずに了承したりしないで、どのようなものが含まれているのかを確認して契約を進めます。

葬儀の会食もプランに含まれる事が多いですが、含まれていなかったり別に注文したい場合は法要専門の料理店などに連絡する事になります。予想される参列者の数と僧侶の分だけ、料理を用意しなくてはなりません。飲み物はお酒だけではなく、車を運転する人や子供のためのお茶やジュースなども注文しておきます。

葬儀の内容を打ち合わせするだけではなく、役所に死亡届を提出して火葬許可証や埋葬許可証を受け取る手続きなど、やるべき事もしなくてはなりません。役所への届け出には期限があるので、できるだけ早めに必要な書類を持って役所に行くべきです。